このような症状でお困りではありませんか?

泌尿器科というと、恥ずかしいというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、お年寄りからお子さま、男性だけでなく女性の方など、すべての方が対象となる診療科です。当クリニックはみなさまが安心して診察・治療を受けていただけるよう心がけています。気になる症状があれば、来院の際に何でもお気軽にご相談下さい。

男性・女性にみられる症状

Q. 尿が近い、尿の回数が多い(頻尿)
「尿が近い、尿の回数が多い」という症状を頻尿といいます。一般的には、朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。しかし、1日の排尿回数は人によって様々ですので、一概に1日に何回以上の排尿回数が異常とはいえず、8回以下の排尿回数でも、自身で排尿回数が多いと感じる場合には頻尿といえます。原因は泌尿器科の病気だけでなく、内科の病気、心因性のものなど様々です。
Q. 夜何度もトイレで起きる(夜間頻尿)
夜間頻尿とは、夜眠りについたあと排尿のために1回以上起きなければならない、そのことで日常生活に支障をきたしている状態をいいます。夜間頻尿のおもな原因として、夜間多尿、睡眠障害、水分の取りすぎ、前立腺肥大症(男性のみ)、過活動膀胱、高血圧、睡眠時無呼吸症候群などがあります。診断には1日の排尿記録(時刻と量を記録)がとても役に立ちます。
Q. 尿が残っている感じがある(残尿感)
残尿感とは、文字通り排尿後も、尿が出きっていない感じ、残っているという感じ、があるという症状です。排尿を行った後も実際に尿が膀胱にまだ残っているのを「残尿」とよびますが、残尿感は実際の残尿のあり、なしとは関係なく感じることがあります。
Q. 尿に血が混じる(血尿)
血尿が出る原因として、膀胱がん、尿路結石、特発性腎出血、出血性膀胱炎などが考えられます。超音波検査、尿細胞診、レントゲン検査、必要に応じて膀胱鏡検査を行います。特に、ほかに症状もなく突然現れる血尿は膀胱がんの可能性があり、慎重な検査が必要です。
Q. 尿検査で尿の異常を指摘された(尿潜血)
尿潜血検査は、健康診断の尿検査の項目に含まれているため健診で指摘される場合が多く、殆どの方は無症状です。頻度は年齢とともに増加し男性に比べ女性に多くみられます。尿潜血陽性のなかには、生理的に出現するもの(激しい運動後や発熱・疲労など)や、良性疾患によって出現するものが多くあります。なかには尿路(腎臓、尿管、膀胱など)の悪性腫瘍や腎不全につながる疾患などが原因になることがありますので、尿潜血が陽性といわれた方は、定期的に尿検査を実施する必要があります。
Q. 背中や下腹部が痛む、不快感がある
代表的な病気は尿管結石です。発作的に激しい痛みが脇腹から背中にかけておこり、吐き気や冷汗、顔面蒼白といった症状が出ます。結石によるこの痛みは七転八倒の苦しみと表現されるほどです。常に激しい痛みとは限らず、鈍痛だったり、重苦しさや不快感だけのこともあります。結石が腎臓から尿管におりてくると大腿や会陰部に放散痛としてあらわれたり、頻尿や残尿感といった膀胱刺激症状があらわれることもあります。血尿も多くみられますが程度はさまざまで血の塊がでることもあれば、肉眼ではわからないものまでいろいろです。結石の大きさや部位、尿路感染を伴うかどうかで治療法を検討します。また、原因がわかれば再発予防法をおすすめします。
Q. 急な尿意をもよおす、トイレまで我慢ができず尿が漏れる
切迫感を伴う頻尿が中心で、時にはトイレに間に合わなくなって漏れるようなこともあります。膀胱の活動が過剰になっており、時には排尿の自制がきかず勝手に膀胱が排尿してしまうような病態です(過活動膀胱(かかつどうぼうこう))。水をさわると尿意が起きる、水が流れる音だけで尿意が起きる人もいます。日中の排尿が2時間もたないという方は過活動膀胱の可能性があります。
Q. 排尿時に痛みがある、違和感がある
女性の場合は、膀胱炎の可能性が考えられます。男性の場合は、前立腺炎、尿道炎の可能性が考えられます。蓄尿時に膀胱痛があり、排尿後に症状が軽減すれば間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)といった疾患も考慮する必要があります。また、冷え性や生活習慣が原因となっていることもあります。
Q. 健診の超音波検査(エコー)で異常を指摘された
現在は超音波検査(エコー)が普及し、健康診断でも取り入れられることが多くなっていることで無症状のうちに腎臓や膀胱に何かがあると指摘されて泌尿器科を受診する方が増えています。無治療でいいものから腎臓がんのように手術を必要とするものまでさまざまです。
Q. 尿が出にくい、尿の勢いが弱い、尿をする時にお腹に力を入れる
尿が出にくい、尿の勢いが弱い、尿をする時にお腹に力を入れる、尿が出始めるまでに時間がかかる、尿をしている時間が長いなどの症状を排尿障害といいます。膀胱そのものに問題がある場合と尿道がさまざまな原因で狭くなって尿が出にくくなる場合とがあります。

男性に特有の症状

Q. PSAが高いと言われた
PSA(前立腺特異抗原)は、前立腺に異常があると血液中に増加する物質です。多くは精液中に分泌されますが、ごく微量が血液中に取り込まれ、その値によって「PSAが高い」と指摘されることがしばしばあります。健康診断、人間ドック、かかりつけの病院で検査など、PSAをチェックする機会が増えています。一般的にPSAが高い、と言われる基準値は4ng/mlとされています。また、若い方には基準値を低く設定する場合もあります。PSAが高い場合に考えられる疾患は①前立腺がん、②前立腺肥大症、③前立腺炎、などです。また、前立腺への物理的な刺激(自転車に乗った時のサドルから会陰部への圧迫刺激など)でも上昇する場合があります。
Q. 陰嚢(いんのう)が腫れてきた(痛くない場合)
陰嚢の腫れで痛みがない場合は陰嚢水腫、精液瘤(せいえきりゅう)、精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)、鼠径(そけい)ヘルニアといった良性の病気と精巣がんの鑑別が必要です。陰嚢水腫は陰嚢に水がたまる状態で、精液瘤は内部に精子がみられます。精索静脈瘤はときに軽い痛みを伴うこともあり、不妊症の原因になることもある血管の病気です。精巣がんは痛みがほとんどないことが特徴的で、精巣を触ると表面がゴツゴツとしたしこりを感じる場合もあります。精巣がんは、進行が早く転移しやすいがんのため、早期発見・早期治療が重要となります
Q. 陰嚢が腫れてきた(痛い場合)
陰嚢の腫れで痛みがある場合は、精巣上体炎の可能性が考えられます。精巣上体炎(せいそうじょうたいえん)は、徐々に陰嚢全体に痛みが広がり、硬く腫れあがり、赤みを帯びてきます。腫れているところを圧迫すると強い痛みを感じ、38度以上の発熱を伴うこともあります。また、精巣に向かう血管がねじれて緊急手術を必要とする、精索捻転(せいさくねんてん)という病気もあります。お子さんの場合は「おなかが痛い」という訴えのこともありますので注意が必要です。
Q. 尿道から膿が出る、かゆみがある
排尿痛、尿道の違和感、尿道から膿がでるなどの症状を尿道炎といいます。性行為で感染することが多く、特にクラミジアと淋菌による細菌感染が多く症状だけでは診断できません。尿検査で白血球が多ければ尿道炎と判断できますが、クラミジアは白血球が増えない場合もあります。また、クラミジアと淋菌の両方に感染している場合もあるので、診断を確定するためにPCR検査をすることがあります。
Q. 勃起力が低下した(ED)
EDとは勃起障害のことで、勃起時に十分な硬さが得られない、性行為の途中で萎えてしまうなど満足な性行為が行えない状態です。従来使われていた「インポテンス」は全く勃起しないことを指していましたが、広い意味で性行為が行えないことをEDとよぶようになっています。
Q. 精液に血が混じる
精液に血液が混じると精液が赤くなります。この状態を「血精液症(けつせいえきしょう)」と呼びます。多くは精液をつくる前立腺か精嚢からの出血です。出血の時期が古いと茶褐色(どす黒い赤色)になり、血液の塊が混じることもあります。逆に比較的新しい出血では鮮血色(あざやかな赤色)になります。一般的に、射精時に痛みを伴うことは少ないですが、痛みがあるときは炎症が疑われます。
Q. 子供ができない(不妊症)
不妊症とは2年間避妊せずに適切なタイミングで性交渉を行ったにもかかわらず妊娠に至らない場合です。原因としては男性と女性それぞれ50%ずつと言われています。男性では精液検査、ホルモン検査、外陰部の診察をおすすめします。

女性に特有の症状

Q. 排尿時の痛み、排尿後に違和感がある
膀胱炎は、女性がなりやすい病気です。膀胱内に侵入した細菌は、通常なら排尿により洗い流されますが、排出されず膀胱内に定着すると炎症を引き起こし、膀胱炎となります。女性は、尿道が4~5cmと比較的短いため細菌が侵入しやすくなっています。主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じる」などの症状があります。
Q. 咳やくしゃみで尿がもれる
咳やくしゃみなどで漏れることを腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)と言い、主に中高年の女性にみられます。出産や加齢により膀胱や尿道を支えている靭帯や骨盤底筋が弱ったりするためにおこります。軽症の場合は、骨盤底筋を鍛える体操で改善する場合もありますが、効果がない場合には尿道の下にテープを挿入する比較的短時間の手術をおすすめする場合もあります。
Q. 外陰部に何かふれるものがある (骨盤臓器脱こつばんぞうきだつ)
「歩く時に股の間に何かはさまる感じがする」、「重い物を持って歩くと何か飛び出てくる」、「入浴時に何か出ているのに気づいた」などの症状で受診される方が多く、膣外に脱出するまで気づかない、という人が大半です。脱出している部位に応じて子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤と呼び、それらを総称して骨盤臓器脱と言います。加齢や出産ににより、骨盤の底を支える筋肉や靭帯が緩むことが原因と言われています。症状が軽症のうちは骨盤底筋体操で改善または進行を抑える効果があります。症状が重症になり脱が戻らなくなった状態からの復旧は難しく、定期的な交換を要する膣内リング(ペッサリー)や根本的な治療として手術療法(メッシュ手術など)があります。
Q. 下着やティッシュに血が付着する
原因はさまざまですが、泌尿器の疾患と婦人科の疾患が考えられます。まずは「尿道」・「膣」のどちらからの出血なのかを判断する必要があります。尿道からの出血であれば、尿道カルンクラ、膀胱炎、膀胱腫瘍などの疾患が考えられます。膣からの出血は婦人科受診をおすすめします。

子どもに特有の症状

Q. おねしょが治らない(夜尿症やにょうしょう)
生まれて2歳頃までの子どもは毎晩おねしょをしますが、その頻度は年齢とともに減っていきます。「おねしょ」と「夜尿症」の違いは年齢がポイントです。乳幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、5-6歳(小学校入学前後)以降は病気と捉え、一般的に「夜尿症」とよびます。夜尿は自然に治っていく例が多いのですが、学齢期になると、夜尿のために子どもが自信をなくし、心理面や社会面、生活面に影響を及ぼすこともあります。ときどきおねしょをしてしまう程度の比率は5~6歳で約20%、小学校低学年で約10%と減少しますが、10歳児でも約5%にみられ、まれに成人まで続くケースもあります。現在、夜尿症の治療には、生活指導、行動療法(夜尿アラーム療法)、薬物療法の方法があります。まずは生活指導から行い、治りきらない場合は薬物療法、行動療法を開始していきます。 子どもの夜尿症受診目安
  • 子どもの夜尿症受診目安
Q. おちんちんの先が赤く腫れて痛がる
細菌などの感染によりおちんちんの先(亀頭)が赤くはれ、排尿痛を訴えたりパンツに膿がつくこともあります。男児に最も多い感染症のひとつです。
Q. 陰嚢が腫れている
陰嚢内に水がたまる陰嚢水腫と鼠径ヘルニア(脱腸)があります。通常痛みはなく、腫れたことによる不快感程度が自覚症状となりますが、乳児の場合には無症状といってよく、保護者が見た目で気がつき受診するという流れになることがほとんどです。まれに精巣(睾丸)に向かう血管がねじれる精索捻転という病気がみつかり緊急手術を必要とする場合もあります。
Q. 包茎が心配
ペニスをおおっている包皮の出口が狭く亀頭が露出しない状態を真性包茎(しんせいほうけい)、手を用いると完全に露出できても、包皮に余剰があるため普段は亀頭が露出していない状態を仮性包茎(かせいほうけい)といいます。真性包茎は新生児の96%、乳児の80%、幼児の60%、小学校低学年の40%にみられ、思春期前では10%、思春期後は5%と減少し、真性包茎の大部分は思春期までに自然に治ります。成人になって生殖活動が始まるまでは、むしろ小児の包茎は、包皮によって亀頭をおおい保護する意味をもち、生理的な自然な状態であるとの意見もあります。